クリスマスとスイーツ

今日はクリスマスイブ。

街にはクリスマスケーキやこだわりのスイーツが溢れていますね。

しかし、私は甘いものが苦手なのです。

コース料理をいただいても、最後のスイーツがちょっと苦痛だったりすることもあり、アラカルトで頼むことが多いほどです。

こうなったのには理由があります。しかもとても贅沢な理由なのです。申し訳ないほどに。。


私の父は、某お菓子メーカーの営業職に就いていました。

昔は、まだ馴染みのなかったチューインガムをリュックに詰めて小売店回り、そのうち、チューインガムからチョコレート、クッキー、そしてアイスクリーム。

高度成長期と共にスイーツも進化を遂げていきました。

外国産の大雑把で甘すぎるスイーツではなく、日本人の舌に合った繊細な甘みが研究され、開発され、日本のお菓子は今では世界でも最高峰となっていますね。

だから、私も日本のお菓子メーカーの製品は本当に美味しいと思っています。


しかし。

食べ過ぎてしまったのです。

多分、一生分のスイーツを食べてしまったのでしょう。

我が家には、贅沢にも、新製品の見本などチョコレートやチューインガム、クッキー、などスイーツが溢れていました。

小学生の頃、当時珍しかったアイスクリームのクリスマスケーキも何個も我が家の冷凍庫に保管されていたのです。

当然のことながら、おやつはそのスイーツたち。

当たり前のように、なんのありがたみもなく毎日食べていたんです。


そして、ある日、甘いものが食べたくなくなりました。


前兆はありました。

高校の頃、500ml入りの本格派ヨーグルトが発売になったとき、その美味しさに感動し、

アイスクリーム派から、ヨーグルト派へ変わっていったのでした。

最初は添付されている粉砂糖をかけていただいていましたが、そのうち、それも要らなくなり、当時おしゃれフルーツだったグレープフルーツにかけて食べることにはまり、そのうち、スイーツは見向きもしなくなり、気がついたら、甘いものが苦手になっていたのです。

なんとも贅沢で申し訳ない話です。


しかし、美しいスイーツたちは芸術作品だと思っています。


見て楽しめる食。

その最高峰がスイーツなのではないでしょうか。

また、そのうちにスイーツ大好きになるかしれません。

写真はクリスマスケーキ風に盛り付けてみたプレート。

・残り物のコーンたっぷりピラフのケーキ風

・クリスマスだしと買ったデパ地下惣菜の

   ローストビーフ、クレソン巻き柚子胡椒添え

   イワシのマリネ、オニオンスライス添え

・紅大根スティック



Next yoga

自分らしく輝く 彩り豊かな人生を歩むために NEXT YOGA は少人数制でアットホームなヨガ教室です。 お一人様お一人様をしっかりとサポートいたしますので、 初めての方も安心してヨガを学んでいただけます。 【多摩境教室】【曙橋教室】 その他、企業様への出張ヨガレッスンも受付ておりますのでお気軽にご相談ください。

0コメント

  • 1000 / 1000